2021年日本シリーズ最終戦 ヤクルト優勝

2021年日本シリーズヤクルトスワローズが制覇し、NPB2021年チャンピオンは

ヤクルトスワローズと成りました。2001年以来の事だそうです。

優勝の瞬間と球場の空間にはワァ~ワァ~と響く歓声やパチパチと轟く拍手、ジ~ンと

湧き出る涙の浸透音迄も聞こえる様な感じがいたしましたです。

あ~勝てて良かったですなぁ~。最高!!!

 

球場をホットモット神戸へ移して、名前とは真逆な一桁の気温だったらしいですが

寒中での熱い戦いを見せてくれた、この第6戦を振り返りたいと思います。

3勝2敗で迎えた第6戦目、オリックスの先発投手はエース山本由伸投手で決定的でし

たが、ヤクルトの先発投手は中5日で川のつく投手とか中4の高のつく投手かなぁ~な

んて思ってましたが、スタメンが発表されると予想通りオリックスは由伸投手でしたが

ヤクルトは高は高でも高梨投手、あくまでも成長途上中の若手投手には未来を見据えて

今季は無理遣いしないというポリシーさえも感じる采配で御座いました。

両投手は要所を締める好投球で?というか3回ノーアウト2塁の大チャンスに宮本君

ストライクボールをバントで空振りし2塁ランナーオスナ選手が飛び出しアウト…。

まぁ~次打者背番号3で三振してますから仮に3塁でも多分得点は入らなかったかもし

れませんがほゞど真ん中の球バントで空振りは観ていて痛いです。

5回にもオスナ選手が出塁し再度宮本選手に送りバントのサインがただこのバントは投

手横の由伸投手が夜露に濡れる芝に足を取られ尻もちさえつかなければあわや併殺?と

も見える様な危うい送りバント、お~上の思し召しかいたずらか、結果オスナ2塁の場

面から塩見選手がレフトへ抜けるタイムリーヒットで先制。

今日こそいけるかもと思った直後の5回裏若槻選手の打球は今度は山田選の手前で微妙

にバウンドが変わりこちらも腰を落としての一塁送球もオスナのグラブに収まった球が

地上に零れ落ちたものか否かのクレームとも思える?リクエスト判定でアウトのジャッ

ジがセーフに…、なんでも気付いたものは言ってみるものですね。

でぇ~次打者太田選手はきちんとお手本通りの送りバントで走者は2塁へ、お~上は

そんなプレイに悪戯を思いついたのか福田選手の打球は超前進守備のAoki選手の前へ

転がるどん詰まりゴロAoki選手が本塁へ矢の様な?とは言いませんがほゞドストライク

気味の送球がなななんと走者若槻選手の左手にぶち当たり球筋が変わるという中々狙っ

てもできない様なプレイが出現。同点です…、お~上って万人に平等なんですね。

その後は両者なかなか決め手がでず、延長戦へその延長も今日はこれで御仕舞ねという

12回ヤクルトは最近バットに当たってもフェアゾーンに落ちない山崎選手、今日はバ

ットにも掠りもせずに三振、次打者背番号3は極極平凡な三塁ゴロで2アウト。

あ~今日はもう駄目かぁ、残すは引き分けかサヨナラ、生殺しか悪夢かという気持ちが

陰鬱に成りそうな時、塩見選手の三遊間を抜けるゴロが安打と成りひとかけらの希望が

次打者渡邊選手に代わる川端選手が登場し、初球ど真ん中のストレートを見逃し1スト

ライク、2球目高めのツリ球1ボール、3球目低めのスライダーを見送り2ボール

4球目川端選手低いと見切ったインコースのスライダーに球審の右手が上がって2スト

ライク、バタバタ選手少々不満の表情を浮かべます。でぇ~お~上のいたずらか5球目

の4球目よりも尚低めに投じて三振を狙った球?が捕手の捕球を妨げるワンバウンドと

成り後方へてんてん、塩見選手労せずして2塁へ進塁。

いやぁ~この場面でちょっとだけですけど、お~上の存在といいますか勝ち越しの場面

が脳裏を霞めました、けどね良く外れるんでと言いますか競馬で発送直前の全く間に合

わない時に出る全く無駄な閃きに近いものですけどね。

でぇ~12回最後の攻撃2アウトランナー2塁カウントはフルカウント、6球目は多少

釣り気味の高めスライダーをファールで逃げ、7球目、運命の?一打は遊撃手の頭上を

越え前進守備のレフトの前へポトンと落ちる超詰まり気味のタイムリーヒットと成り、

いよいよここで土壇場の土壇場での勝ち越し打。いやぁ~こういうのを値千金の一打っ

て申されるのでしょうね。ごっつあんです。

その裏シーズンでは考えられない3イニング目にもマウンドに上がったマクガフ投手が

ワンアウト後ユニホームを掠ったんだかアピールしての死球で出塁を許しましたが、で

もまぁ~選手としては当然の権利なんでしょうけどAoki選手の申告ファールの件を見た

とき、あ~きっと自分のバットで決着を付けたいんだろうなぁと思ったものです。

きっと彼は打つ自信が無かったのでしょうか…。というどうでも良い話は置いといて。

次打者をセンターフライ、最後の打者をセカンドゴロに仕留めての勝利。

いやぁ~この日本シリーズ色々御座いましたがマクガフ投手の投球で一喜一憂致しまし

たが言える事は一番盛り上がる展開を作ったエンターティナーはマクガフ投手では無い

のかと思えて仕方がないですぅ。

ホントに最後の最後までドキドキさせて喜びを最大限に引き上げた彼に大きな拍手と

できれば監督のお得意の劇場パターンではなく来季チャンスが再び到来したら左団扇の

試合が観たいですぅ~。

 

でもなぁ~そう言うのって傲慢にも成りやすいしヤクルトぽく無いからこれでいいのか

なぁ~

 

それにしても今季最高の形でここを締めくくれるのも嬉しいですね。

ありがとうござましたぁ~~~~~。

 

 

 

 

日本シリーズ5戦目

大変残念で御座いましたが本日は9回表の本塁打が決勝点と成って負けました。

まぁ~反省すべき点は沢山ありましたが、ほゞ負けたと思った試合から山田選手が同点

3ランを放った時、もしかしたら今日もいけるかも、と思ったのがいけなかったのでし

ょうか。でもねぇ今日は細かなミスも有りましたし、各投手のコントロールも儘ならず

ここ最近絶好調の石山投手はエネルギー切れかピリッとせず致命的な失点を重ねてしま

いましたね。あ~樹理投手も5回途中からコントロールが微妙になってましたどうした

のでしょう。こんな流れから勝ちを拾うって難しいのでしょうね。

でもまぁ一番ガッカリしたところは7回1アウトから背番号3がヒットで出塁した後の

代打でしょうか、う~んまぁ~大きな期待もしていませんでしたが併殺打で最悪の結果

となりました。ベンチの内がわに彼以外に居なかったのでしょうかねぇ~。取られた後

に取り返す絶好機を繋ぐでもなく御誂え向きのショートゴロ併殺打…、と言いますか彼

チャンスに答えを出したのは記憶の限りでは今季一度?それも多少守備位置に助けられ

た安打だった様な気もぉ…。まぁ~右の代打は薄いですけどね。中山成長なしだしぃ。

そんな愚痴を言っても仕方が無いので、気分を変えて次は屋外の広場で燕達に大空高く

のびの舞い上がって頂きましょう。

山なんて一っ飛びさぁ~~~。

 

日本シリーズ4戦目

本日の先発石川投手6回を77球・被安打3・奪三振5・与四球1・自責点0・失点1

という、サンタナ選手のエラーさえなければ無失点の好投で

と言いますか先制点はサンタナ選手のソロ本塁打で勝ち越し得点はオスナさんの安打と

二塁走者のサンタナさんの必死な亀の様な走塁?でのホームインですから仕方がぁ~~

~なく無いです。しっかりした守備と走者の位置を確認して送球して欲しいものです。

でもまぁ~石川投手降板に間に合った2アウトからの勝ち越し得点はナイスでした。

後続の7回は石山投手が8回は清水投手が9回はマクガフ投手が無失点に抑えて

ヤクルト2:1オリックスで勝利です。

石川投手日本シリーズ初勝利、ヒーローインタビューでは嬉しさを隠さず表現されてい

たようです。おめでとうございます、良かったですね。

これで対戦成績はヤクルトの3勝、オリックスの1勝と成りまして、遂に後もう一歩の

ところまで来ちゃいましたね。できれば早々に決めて欲しいですぅ~。

何せ余裕のない、最近の対戦で碌な成績を残していないセリーグですから油断なくモノ

にして欲しいですね

 

 

日本シリーズ三戦目

初戦二戦と両チームの投手戦が観られた試合でしたが、本日は小川投手が先発でしたの

で多少の失点とある日突然の一発病が予想されまして燕打線に大きな期待をかけておっ

たのですが…。3回迄良い当たりは有ったのですが本日もノ~ヒットでその上3回表の

守備では背番号3の捕球ミスもございまして先制点を献上…、まぁ~それでも満塁のピ

ンチを良く1失点で抑えたもんです。

4回裏にはオスナ選手の後もう1尺あればスタンドインという初ヒットの2塁打もござ

いましたが得点は入らずちょっと重たい感じがいたしました。

それが5回裏Aoki選手選手のヒットから村上選手サンタナ選手の連続四球で満塁と成り

中村選手のセンターへ抜ける2点タイムリーと宗選手の送球エラーからもう1点入り、

この回3得点で逆点、このまま大人しく最後まで行ってくれと願っておりましたが…。

まぁ~おが~投手ですからね直後の6回表先頭打者の吉田選手に左中間の2塁打を浴び

ると杉本選手に同点の2ランを浴びて試合は振り出しに、まぁ~その後は抑えるのです

けどあ~無冗。でぇ~7回表にはシリーズ初登板のスアレス投手が先頭打者に四球を次

打者には送りバントを決められ次も四球で1アウト1・2塁のピンチを作り交代、あ~

まさかシリーズ初登板でビビったとかぁ~?まぁ~オリックスにもそんな投手いました

から、どっちもどっちですけど。でぇ~代わった田口投手、宗選手は三振に抑えますが

吉田選手にはレフト前へタイムリーヒットを打たれてしまい又もやリードを奪われます

でもまぁ~次に出てきた石山投手が満塁のピンチを好ピッチングで三振に仕留めて1点

差に留めておいたのは大きかったです。

でぇ~その裏先頭打者のAoki選手がヒットで出ますが山田選手は後3尺?延びればと言

う大飛球で村上選手は空振りの三振で、あ~飯時急須じゃぁ~なかった万事休すかと思

われたシリーズノーヒットのサンタナ選手の打席で、なななんと逆転の2ランをライト

スタンドに放り込み、9回はマクガフ投手が先頭打者を出すも最終的には無失点で抑え

る高津2世的な投球を披露し3戦目を勝利で掴みとりました。

勝ち投手は7回のピンチを救い8回は三者凡退に抑えた石山投手となりました。

あ~それにしても取られて取って追いつかれて引き離されたけど最後は追い越したとい

う。まぁ~なんと言いましょうか大変面白い試合を見させて頂き尚且つ勝利の余韻に浸

れるなんて、あ~ありがたや有難や。

日本シリーズ始まりました

高橋奎二投手9回を無失点で完投です。いやぁ~ナイスな投球でしたね。

序盤こそ毎回のようにランナーは出しましたが、6回からは無安打に抑える好投です。

打線も序盤から中盤にかけての5回迄はあわやノーヒット?と言う心配をかける内容で

したが6回には1アウトから背番号3が初ヒット、グッチさんも続いて1・2塁のチャ

ンスに塩味三振、Aoki三塁ゴロで無得点、ちょっとがっかり君でしたが、8回背番号3

の四球から塩見選手がレフトへ抜けるヒットで1・2塁としAoki選手がセンターへ抜け

タイムリーヒットで貴重な先制点をもぎ取り尚も2死1・3塁の場面で本日全くタイ

ミングが合わず打てるような気がしなかったキャプテン山田、なななんとボール球に連

続バットが空回りであえなく三振でござった。あ~ぁド~ムすみません。

そして9回にはサンタナ選手の四球から中村氏送りバントで2塁としてオスナ選手のラ

イトへ抜けるヒットとワンエラーで追加点を獲得し、最後は奎二投手が恐れることなく

ジョーンズ選手に向って行く投球で三振に仕留めて完封達成、最高です。

それにしても息が詰まる様な展開の試合、よくモノにできたものだと感心しております

昨シーズンのセの覇者が陥った不甲斐ない展開には成らず互角の戦いが出来ているのも

嬉しいですね。

さぁ~明日は移動で火曜日からは地元お江戸での戦い、頑張って今日活躍出来なかった

選手も気持ちを入れ替えて出来るだけベストな状態にして欲しいですね。

 

日本シリーズが始まったらしい…

最後の最後に逆転負けのサヨナラゲームでした。残念でしたね。

マクガフ投手はホームランを恐れてのボール球だったのでしょうか、微妙に外れる四球

でノーアウト1・2塁…。と言いますか追い込んでからのヒットと四球です…。

奥川投手の向って行く投球ではなく逃げの投球と言いますか配給もですけど、そんな

弱気と気持ちが焦りを呼んでのバント守備がフィルダーチョイスとなりノーアウト満塁

宗選手の打球は投手横を抜けてバウンドが変わってのセンター抜ける同点タイムリ

併殺にも出来そうな打球にも見えましたからこの辺が流れなのでしょうね。

次打者吉田選手の打球は前進守備の塩味選手の頭上を越えるタイムリーサヨナラ安打で

ヤクルトは初戦敗退です。

9回の表を終えて3対1でリードしていただけにちょっと悔しいです。

対戦投手が山本由伸投手でその試合でリードしていただけに大変悔しいです。

まぁ~見方を変えれば初戦はほゞ諦めかけていただけに試合を見ずに結果だけを見たら

諦めもつくのでしょうけど…。あ~くやじい~~~~~。

 

 

 

CSファイナルステージ3戦目

結果から言いますと試合は2対2Xでヤクルトスワローズ日本シリーズ進出です。

最短で決まって大変良かったですと言いますか、ものすごく嬉しい結果でした。

ただぁ~先発の原樹理投手が2回表1アウトから大城選手の打球を右手に受け苦悶の症

状を浮かべながらの降板。切ないと言いますか大きな故障では無いのか大変心配です。

大城選手の打球はダイレクトに原樹理選手の股間に向って行く鋭い打球でした。

股の下を抜けるような当りでしたが、思わず手が出てしまったのか万が一を考えたのか

は存じ上げませんが、大事な箇所でも有りますので大事が無いと良いですね。

急遽救援登板となった金久保投手2回は無失点に抑えるのですが3回表1アウトから

球がうわづったのか粘られての結果なのか判りませんがストライクが入らず四球を与え

ると引退が決まっている亀井選手にライトへ安打を放たれ1・3塁…。

次打者坂本選手にセンターへの大きな犠飛で1点を先制されますが良くこの失点だけで

抑えました。ヤクルト打線は6回迄メルセデス投手に1安打に抑えられる状態でしたが

投手が代わった7回にオスナ選手のヒットからバント、四球、四球と繋ぎ青木選手の勝

ち越し2点タイムリーで一時リードします、ただ8回に清水投手が廣岡選手にあたり損

ねの遊撃ヒットを浴びて同点にされてしまいましたが今季は9回以上の延長が無いので

必然的に9回マクガフ投手が無失点で抑えたところで日本シリーズ進出決定!と成りま

した。

でぇオリックスさんも9回に同点に追いついて進出が決まったそうです

なんだか似た様な最下位からの優勝で似た様な結果でのCSファイナルステージでしたね

日本シリーズどんな戦いに成るのかは判りませんが観ていて楽しい試合に成る様期待し

ましょう。